改めて浸透力のすごさを説明します!

MENU

ビーグレンの浸透力のすごさってどれくらいなの?

 

まずは、この写真を見てください。

 

右がビーグレンの浸透技術を使った場合で、
左がそうでない場合の成分の肌への浸透状況を写したものです。

 

右のビーグレンの方が、明らかに成分が肌の奥底まで浸透して言っているのが見て取れますね。

 

 

このようにビーグレンの浸透技術を使った場合には、
通常のものと比較して圧倒的に浸透力が高いと言えます。

 

 

ビーグレンの浸透技術はQuSome(キューソーム)と呼ばれています!

 

 

QuSome®(キューソーム)は、
ドラッグデリバリーシステム(DDS)の第一人者ブライアン・ケラーによって開発された、ビーグレン独自の浸透テクノロジー。

 

美容成分を角層の奥まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまり、効果を持続させます。

 

超微小のカプセルに美容成分を閉じ込めて肌の奥までしっかりと成分を届けます。

 

 

QuSome®粒子の大きさは
ナノサイズで、直径70~150ナノメートル。

 

なんとハリの先に約50個おさまるほどの大きさです。

 

この成分を包み込む小さなカプセルは丈夫なため、クリームやローション、ゲルに配合しても安定していて、敏感肌に対しても優しい性質です。

 

 

ビーグレンの研究開発の最高責任者である、
ドクターケラー氏は、麻酔の技術をスキンケアに応用した世界でも珍しいすごい人なんです。

 

医学の技術とスキンケアの融合により
肌をキレイに保つためのビーグレンができたんですね。

 

ビーグレンの浸透技術についてもっと知りたい人はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ