赤ニキビの原因と対処方法

MENU

赤ニキビができる原因と対処方法を知っておきましょう!

 

白ニキビが赤ニキビに発展するケースや
ある日突然出てくるケースもあったりする赤ニキビ。

 

赤ニキビは、アクネ菌の増殖によって炎症が起きている状態です。
触ったり潰したりは絶対にしてはいけません。

 

早く炎症を鎮めてあげて、ニキビ跡ができないようにしましょう。

 

 

原因

 

 

肌や毛穴の過剰な皮脂や汚れが原因で毛穴がつまり、
ニキビの原因となるアクネ菌が増殖し、炎症がおきている状態です。

 

 

対処法

 

 

赤ニキビを治すための方法を紹介します。

 

とにかく、清潔にしましょう!!

洗顔を1日に何度もするのはやめましょう。
乾燥しすぎてしまい逆効果です。

 

 

食生活の改善

油こいものやアクの強いものは控えましょう。

 

 

皮膚科にいく

ニキビのことに詳しい皮膚科にいくのも一つの手段です。
私は高校生の時に3年くらい皮膚科に通っていて、光を当てたり塗り薬を塗ったりしましたが、そんなに効果はありませんでした。
20歳くらいで自然に収まりました。
(皮膚科が効果がないわけではなくて、すぐに完全に治せるわけではないようです)

 

 

スキンケアで治す

炎症を抑える成分が入っている必要があります。

 

例えばビタミンCやグリチルリチン酸ジカリウムが入っていると炎症を鎮める効果が期待できます。

 

 

スキンケアで赤ニキビを治すためにはどんなものがいいの?

 

  • ビタミンC配合のもの
  • 保湿力が高いもの
  • 抗炎症作用のあるもの
  • 界面活性剤を使っていないもの

 

ビタミンCは、ニキビの炎症を抑える効果もありますし、メラニンの沈着も防いで跡ができにくくします。

 

抗炎症作用としては、グリチルリチン酸ジカリウムという成分が高い抗炎症作用に加え、抗アレルギー作用もあるので敏感肌でも使えます。

 

 

界面活性剤に関しては、
これが入っていると皮脂をとってくれるがとりすぎになってしまいかねない。

 

出来れば入っていないものの方が肌の負担や乾燥を防ぐことができるのでおすすめです。

 

ニキビは乾燥と大きく関係しているので
保湿力の高い化粧水はとても重要になってきます。

 

 

肌のバリア機能を高めてニキビを防ぐためにはヒアルロン酸やスクワランなどの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

 

以上の事柄を満たすスキンケアがありました!

 

ビーグレンのニキビケアです。

 

 

 

ビーグレンのすごいポイント!!

 

  • クレイ洗顔で余分な皮脂だけを吸着させる
  • 高濃度ビタミンCの美容液で炎症や跡になるのを防ぐ
  • 合成界面活性剤を使っていない
  • 浸透力の高さは抜群!医療の技術を応用している

 

 

赤ニキビは誰もが一度は出来たことがあるはず。

 

これ以上ニキビができないように、
また、今ある赤ニキビを悪化させないためにはビーグレンのスキンケアを使ってみることをおすすめします。

 

ビーグレンのニキビケアはこちら 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ