ニキビの種類

MENU

ニキビにはどんな種類があるのかを知っておきましょう!

ニキビといってもその症状によって4つに分類されることが多いです。

 

 

 

上記の3つ以外にも、黒ニキビというものがあります。
これは白ニキビの次の段階に位置し、
古い角質が酸化して黒く変色したものです。

 

初期のニキビなので早めに対処すれば大丈夫です。

 

 

白ニキビ

 

 

白ニキビはニキビの初期段階の状態。
毛穴に詰まった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がった状態です。
手で触るとっポツポツしています。

 

まだ炎症を起こしていないので早く治すことができれば大丈夫です。

 

 

赤ニキビ

 

 

赤ニキビは、症状が進み炎症を起こしている状態。

 

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまい、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖します。
そのアクネ菌によって肌が炎症を起こすことで赤ニキビができます。

 

ここではいち早く炎症を鎮める必要があります。

 

ニキビの跡ができるかできないかはここでのケアにかかっています。

 

 

黄ニキビ

 

 

黄色ニキビはニキビが悪化して化膿し黄色い膿が出た状態です。

 

赤ニキビが悪化してしまうと黄ニキビになってしまうので赤ニキビの段階で治せるのがいいでしょう。

 

黄ニキビは、跡が残りやすいので、注意が必要です。

 

あまりにひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ