ビーグレンニキビケアを買うのはちょい待ち!他のニキビケアとの違いは?

MENU

大人ニキビってどうしてなかなか治らないの?もう嫌!!

 

20歳以上でできるニキビは大人ニキビに分類されます。
20歳を過ぎてもまだ思春期ニキビができる人もいますが、
中学生や高校生の頃にできる思春期にきびと大人ニキビは原因や対処法が違ってきます。

 

大人ニキビができる原因としては、皮脂が多いという単純な理由だけではなくなってきています。

 

例えばこんなきっかけ。

 

1人暮しを始めてからニキビが増えた・・・
化粧を始めてからニキビが増えた・・・
仕事を始めてからニキビが増えた・・・
出産後にニキビが増えた・・・

 

あなたどれかにも当てはまっていませんか?

 

こういった生活面での変化は精神的にストレスを感じたり、体調の変化をもたらしたりします。

 

様々な原因でできてしまう大人ニキビは、なかなか治ってくれないのが困りものですよね。

 

ドラッグストアなどの市販のニキビケアでは一向に改善されない方には
一度使って見て欲しいスキンケアがあります。

 

それが「ビーグレンのニキビケア」です。

 

ビーグレンには
「ニキビケア」と「ニキビ跡ケア」があり、両方とも人気があります。

 

ビーグレンはとても浸透力が高いと言われています。

 

浸透力のおかげで確かな効果を実感できやすいんだとか。

 

 

 

ビーグレン ニキビケア

 

<内容>

  • クレイウォッシュ
  • クレイローション
  • Cセラム(高濃度ビタミンC美容液)
  • モイスチャーゲルクリーム

 

乾燥や皮脂の不足、ターンオーバーの乱れなどが原因となる大人ニキビをやさしくケアしてくれるセットです。できてしまったニキビを鎮め、新しいニキビも予防します。
公式ホームページ 

 

トライアル価格 日数 評価
1944円 7日分 ビーグレン、ニキビ、ニキビ跡、洗顔、クレイ洗顔、効果、口コミ

 

 

ビーグレン ニキビ跡ケア

 

<内容>

  • クレイウォッシュ
  • 10-YBローション
  • Cセラム(高濃度ビタミンC美容液)
  • モイスチャーリッチクリーム

ニキビ跡の原因はニキビができてしまったときの炎症です。色素沈着してしまったりクレーター化してしまった肌を底上げするようにキレイに導きます。

 

公式ホームページ

 

 

 

トライアル価格 日数 評価
1944円 7日分

 

 

 

ニキビケアには何が必要なのでしょうか?

 

ニキビといえば、赤く炎症をおこしている状態が思い浮かびます。

 

こんな状態のニキビをどうしたらいいのか。
まずは、炎症を鎮める必要があります。

 

でも炎症をただ鎮めればいいわけではありません。

 

強すぎる抗炎症作用はデリケートな大人ニキビにはNGなんです。

 

大人ニキビには強い抗炎症作用ではなく、
刺激の少ない抗炎症成分による沈静化が望ましです。

 

大人ニキビを治すためには

 

肌のバリア機能を高める
肌本来の保水力を高める
乾燥しない肌づくり

 

この3つの簡単そうでなかなかできないことを肌に求めるためには

 

「洗いすぎない洗顔」と「刺激を与えすぎない」

 

この2つがとても大切になります。

 

強い洗浄力や抗炎症作用に惹かれるとニキビが悪化してしまうことになりかねません。

 

 

 

 

 


リピート率が98.7%!ビーグレンのニキビケアが選ばれる理由は?

ビーグレンのニキビケアはリピート率が98.7%だそうです。

 

 

 

なぜこんなにもビーグレンのニキビケアが多くの人に人気があるのでしょうか。

 

4つの理由が考えられます。

 

クレイ洗顔(超微粒子サイズ)で、余分な皮脂や汚れだけを吸着する
乾燥を防いでしっかり保湿
高濃度ビタミンCでニキビの炎症を鎮め色素沈着を防ぐ
合成界面活性剤を使っていないので肌にやさしい

 

クレイ洗顔を使うものは最近増えましたが、炎症を鎮めすぎる化粧水を使っているものが多い中、
ビーグレンはやさしく炎症を鎮めるので大人ニキビにはとても有効なんですね。

 

わたしの旦那は顔のにきびと首のニキビがひどいのでスキンケアを探していたところ、ビーグレンに出会いました。

 

色々探すなかで、ビーグレンに決めた理由は3つあります。

 

1、大人ニキビの主な原因の乾燥を防ぐために力を入れている
2.肌への刺激が少ないところ
3.国際特許の浸透技術のすごさ

 

これは、他のスキンケアとの違いにも当てはまります。

 

 

こちらは旦那のニキビの画像です。
左がニキビ跡で右が顔のニキビです。

 

 

 

 

 

 

このニキビ跡とニキビをキレイにしていこうと思っています。

 

 

ビーグレンニキビがケアとニキビ跡ケアをプチ紹介!

 

ビーグレンにはニキビケアとニキビ跡ケアの2種類のトライアルセットがあります。

 

ニキビケア

 

 

ニキビケアの特徴は、クレイ洗顔とクレイローション、そしてCセラムという高濃度ビタミンC美容液です。

 

粒子の細かいクレイで余分な汚れをしっかり吸着して洗い流し、
炎症を起こしている箇所をクレイローションで鎮めます。
高濃度ビタミンC美容液のソフトピーリング効果で不要な角質を取り除きクリーンな毛穴にてくれます。

 

実際につかった詳しいレポートはこちら

 

 

 

ニキビ跡ケア

 

 

ニキビ跡ケアの特徴は、クレイ洗顔と10-YBローションとCセラムという高濃度ビタミンC美容液です。

 

ニキビケアとの違いは、化粧水が炎症を鎮める効果よりも肌の再生を重視したものになっている点と、
最後のクリームが保湿とエイジングケアを兼ね備えたものになっているところです。

 

実際につかった詳しいレポートはこちら

 

 

 

 

ここで他のニキビケアとビーグレンの違いを知っておこう!

 

しっかりケアしているつもりなのに、
なかなか大人ニキビが治らない人は大人ニキビにはふさわしくないものを使っている可能性が考えられます。

 

一般的にドラッグストアなどで売っているニキビケアのものとビーグレンのニキビケアの違いを考えましょう。

 

大きな違いは4つ。

 

1.合成界面活性剤を使っていない
2.抗炎症成分が強すぎない
3.浸透力に差がある
4.洗顔と保湿にとても気をつかっている

 

大人ニキビの主な原因として次のことが考えられます。

 

喫煙、ストレス、メイク落とし・洗顔、乾燥、睡眠不足

 

この中でも特に「洗顔と乾燥」にビーグレンは着目!

 

乾燥が原因の大人ニキビの発生を問題視しているということです。

 

 

ビーグレンは「グリチルリチン酸ジカリウム」という炎症を鎮める成分として知られる甘草由来の天然成を使用しています。
作用は緩和で副作用が少ないとされています。

 

一般のニキビケアではアクネ菌の殺菌のための成分が入っていたり、もっと強い抗炎症成分が入っていたりするので肌への刺激がとても強くなってしまいます。

 

そうなると余計に肌がダメージを受けて、乾燥していまい弱った肌のままでニキビも治らないということになります。

 

また、ビーグレンの大きな特徴として「医療技術を応用した浸透技術」があります。

 

 

ビーグレンの浸透技術は「QuSome(キューソーム)」と呼ばれ、肌の奥まで確実に成分を届けることができるとされています。

 

国際特許をも取得したこの技術は他のスキンケアでは決して真似できないものだと考えられています。

 

なので、浸透力が抜群にいいという大きな強みがビーグレンにはあるんです。

 

これらのことから、
お肌の本来の力を取り戻すためのケアをしてくれるのが
ビーグレンのニキビケアなのかなと思います。

 

肌を根本からキレイにしてくれるビーグレンのニキビケアを一度使って見てくださいね。

 

ビーグレンのニキビケアはこちら 

 

 

 

 

 

ビーグレンの口コミを紹介します!

 

 

 

いろんなニキビの対処法を紹介します!

 

白ニキビ 赤ニキビ 黄ニキビ


 対処法はこちら


 対処法はこちら


 対処法はこちら

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ